塗装の目的

保 護
木材や鉄を放置すると、徐々に朽ちたり、錆たりしますが、塗装することにより、劣化や腐食から保護し、耐用年数を延ばすことが出来ます。
 
美 装
長期にわたり、美しさを保つ塗装によって得られる色彩は、単なる好みではなく、自然と人工を融和させ、外装の美しさを護り、住環境を改善することが出来ます。
 
機 能
低汚染、防かび、防水、超耐久性、遮熱など


■ 塗り替え時期の目安 ■

 

一般的に塗り変えの目安は10年程度といわれています。

塗り替えは、見た目を良くするだけでなく、家の老化も防止します。
家も、人間と一緒です。早めに手当をすれば問題はありませんが、

長い間放っておくと取り返しの付かないことになってしまいます。

 

塗装してから年数が経っていなくても、塗料の種類やお家の周辺環境によって塗り替え時期は異なります。
以下の症状が出たら塗り替え時期です。ご相談下さい!
 

●壁を触ると白い粉が付く
これをを「チョーキング」といいます。
塗膜の保護機能が無くなり、防水力が低下し、雨水をはじかなくなってきます。
 
●ひび割れ
クラックと呼びます。
チョーキングと同様に、塗膜の保護機能が無くなり、防水力が低下し、雨水をはじかなくなってきます。

クラックが見つかると雨漏りの原因となります。
 
●カビ・コケが生える
カビやコケは壁の内部にまで水をしみこませてしまう恐れがあります。

カビが生えた壁は塗膜の表面が脆弱になり、簡単に崩れるようになっています。

 


塗料について

塗り替えに使用される塗料にはいくつか種類があります。
特に【アクリル樹脂塗料】【ウレタン樹脂塗料】【シリコン樹脂塗料】【フッ素樹脂塗料】

の4種類がよく使われる塗料です。
 塗料には種類が多数ございます。まずはお客様のご要望にあった塗料を提案いたします。


■ 塗料の特徴 ■

 

塗料の種類などによってその塗料の耐久性は様々です。
あくまでも参考ですが、一般的な塗料の耐久性をご紹介します。

①アクリル樹脂
汚れやすく、耐久性が低いのですが、もっともリーズナブルな塗料で、色も豊富です。

新築時の塗料ではこのアクリル塗料が使用されることが多いです。


  耐 久 】… 7~9年(新築時は3~5年)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②ウレタン樹脂
他の塗料に比べ、肉持ち、硬度、耐溶剤性、黄変、耐光性に優れています。

そのため、屋外でも美しさを保つ必要のある自動車やバイク、スクーター等に多く使用されています。


  耐 久 】… 10~12年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③シリコン樹脂
シリコンは、耐久性の他に耐熱性にもすぐれています。

航空機やスペースシャトルなどにもシリコンは使われています。 

また、口紅やアイシャドー、体内骨格樹脂にも一部使われている安全性の高い、人体に優しい樹脂なのです。


  耐 久 】… 
12~15年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

④フッ素樹脂
フッ素塗料は塗料の中の王様です。

フッ素塗料とは、フッ素樹脂成分を含んだ反応硬化型で、塗膜の寿命が非常に長いのが特徴です。

ツヤ消しが可能なため、高級感のある落ち着いた意匠を行うことができます。
もともとは、一般住宅むけの塗料ではなく、ビルなど簡単塗り替えできない大きな建物向けに開発された

塗料です。とにかく、きれいに長持ちさせたいと思われる方にお勧めです。


  耐 久 】… 15~20年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建物は環境(雨、雪、二酸化炭素、熱、紫外線など)によっても耐久性が変化してゆきます、
大切なお家の寿命を長くするためにも、新築の場合は3年前後、塗替えは7~10年に一度のお手入れが理想と

言われています。その他、気になる箇所がありましたら耐久年数に関わらずお気軽にご相談下さい。

 


用途にあわせて

塗装を施す場所や、様々な用途に合わせて塗料を使い分けております。
「耐熱性が高い塗料がいい」「水により強い塗料がいい」など、

お客様のご要望をお伝え頂ければ、直接お話しをしながら選ばせて

いただきます。これまでの経験と実績でお客様が納得いただき、

仕上がりに満足いただける自信がございます。

どうぞお気軽にご相談ください。